コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学的加成性の原理 principle of optical superposition

1件 の用語解説(光学的加成性の原理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

光学的加成性の原理【principle of optical superposition】

分子旋光度と立体配置の関連から得られた経験則で,ファントホッフが1894年に提案したものである.2個以上の不斉中心をもつ分子の分子旋光度は,個々の不斉中心の旋光寄与の代数和で表されるというもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光学的加成性の原理の関連キーワード旋光計旋光分散変旋光立体配置旋光度光学的偏倚(偏位)法則等旋光度則ハドソンの規則ファントホッフの加算の原則レヴィーン‐ハドソンのヒドラジド則

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone