コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学的加成性の原理 principle of optical superposition

法則の辞典の解説

光学的加成性の原理【principle of optical superposition】

分子旋光度と立体配置の関連から得られた経験則で,ファントホッフが1894年に提案したものである.2個以上の不斉中心をもつ分子の分子旋光度は,個々の不斉中心の旋光寄与の代数和で表されるというもの.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android