経験則(読み)けいけんそく(英語表記)Erfahrungssatz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経験則
けいけんそく
Erfahrungssatz

日常の経験から帰納された事物の因果関係や性状についての知識あるいは法則裁判官証拠から事実を認定するに際して不可欠の手段である。経験則のうち一般常識的なものは証明を用いる必要はないが,専門的知識に属するものについては,専門家による鑑定などの証拠調べが必要である。経験則の認識や適用について誤りがあった場合に,法令違背に準じて上告理由となるか否かについては争いがあるが,一般に肯定的に解されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいけんそく【経験則】

法則としての因果的必然性がまだ明らかになっておらず、経験上そう言えるというだけの規則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経験則の関連情報