代数和(読み)だいすうわ(英語表記)algebraic sum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「代数和」の解説

代数和
だいすうわ
algebraic sum

符号,すなわち加法および減法記号をもった式あるいは数の和を代数和という。たとえば 3-2+5=(+3)+(-2)+(+5) ,-a-4b+2a+5b=+(-a)+(-4b)+(+2a)+(+5b) などと書けるから代数和である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「代数和」の解説

だいすう‐わ【代数和】

〘名〙 数または式を加法・減法の記号で結んで得られる式。aをひくことは、マイナスaを加えることであるところからの名。〔頭脳(1958)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「代数和」の解説

だいすう‐わ【代数和】

正・負の数や式を加法記号で結んだ式。減法も負数の和としたときにいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android