コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光梃子 ひかりてこoptical lever

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりてこ【光梃子 optical lever】

微小角測定に使われる装置。図に示すように鏡の方向A(rad)変わると反射光の方向は2A変わり,鏡から距離Lの位置では光点は2AL移動する。Lを大きくするとAが小さくても2ALは測定容易な大きさにでき,簡単な装置で高い感度が得られる。19世紀末から20世紀初めにかけて,トーションバランスによる万有引力定数の決定や,検流計のコイルのブラウン運動の発見など古典物理学の重要な実験に使われた。今日でも検流計や記録計に応用されているほか,2ALを高精度で測定する方法が考案され,L=100mm程度の装置で秒から1万分の1秒の角度測定が行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の光梃子の言及

【比較測長器】より

…コンパレーターともいう。比較測長器は,物体の長さと測定する物体の寸法とほぼ等しい長さのブロックゲージや標準ゲージなどの標準の長さとを置き換え,それらの差を測定器のもつ拡大機構によって指針の振れとして求める測定器である。拡大機構には機械式,光学式,電気式,空気式およびそれらの組合せ式が用いられる。機械式拡大にはてこ,平行薄片,ねじり薄片,歯車,ねじなどを用いている。この代表例は指針測微器,ダイヤルゲージ,マイクロメーターなどである。…

※「光梃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

光梃子の関連キーワードトーションバランスブラウン運動万有引力定数古典物理学記録計コイル光点

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android