コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山 なかやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山
なかやま

鳥取県西部,大山町東部の旧町域。大山の北斜面から日本海岸にかけて広がる。 1957年中山村と逢坂村が合体して町制。 2005年大山町,名和町と合体して大山町となった。下市は江戸時代前期,山陰道宿場町として発展。米作のほか二十世紀梨を産し,畜産も行なわれる。沿岸部ではサザエ,ヒラメを特産。退休寺,木ノ根神社,国指定天然記念物のハマナス自生南限地帯などがある。一部は大山隠岐国立公園に属する。

中山
なかやま

愛媛県中部,伊予市南東部の旧町域。内山盆地の北部にある。石鎚山脈の南端部,肱川の支流中山川上流域のわずかな平地を占める。 1925年町制。 1955年佐礼谷村と合体。 2005年伊予市,双海町と合体して伊予市となる。中心集落の中山は大洲街道の宿場町,出渕は山間盆地の商業中心地として繁栄。中山栗の名産地で,1960年代から観光クリ園も開かれ,山腹にはミカン園が増加,タバコの栽培も行なわれる。

中山
なかやま

千葉県西部,市川市南東部と船橋市の境界一帯の地域。日蓮宗四大本山の一つ法華経寺門前町として発達した。 1960年代以降は東京への通勤者が激増し,急激に都市化している。船橋市側に中山競馬場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なかやま【中山】[地名]

千葉県市川市と船橋市にまたがる地名。日蓮宗法華経寺の門前町から発展。中山競馬場がある。

ちゅう‐ざん【中山】

琉球王国の異称。中国側からの呼称。小国家の中山が北山南山を滅ぼし統一王朝を樹立したことからの名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中山【ちゅうざん】

中国,広東省南部の都市。珠江河口に位置する。南宋時代に香山県が置かれたが,同県の翠亨(すいこう)村が孫文(中山)の生地であったことから,1925年中山県に改名,1983年中山市に昇格した。

中山【なかやま】

千葉県市川船橋両市にまたがる地区。中世以来日蓮宗四大本山の一つ法華(ほけ)経寺の門前町として発達,関東大震災後次第に住宅地化し,特に第2次大戦後は東京への通勤者住宅地として急速に膨張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうざん【中山 Zhōng shān】

中国,春秋戦国時代国名春秋時代に白狄が鮮虞を破り,河北省新楽県付近に建てた国。初め鮮虞とよばれたが,春秋末に河北省唐県付近にうつり,中山と称した。戦国初めに顧(河北定県)にうつったが,前407年魏に滅ぼされた。桓公は霊寿(河北平山県北東)に都をうつして国を再興し,勢力を蓄え,一時は王と称した。前314年には斉とともに燕を討ち,疆域を拡大した。しかし前296年強大になった趙によって滅ぼされた。なお,最近,中山王墓が発掘され,日本においてもその出土品が展覧された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかやま【中山】

千葉県市川市・船橋市にまたがる地区。日蓮宗法華経寺の門前町から発達。中山競馬場がある。

なかやま【中山】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

中山の関連キーワード山形県東村山郡中山町いずみ山形県東村山郡中山町向新田山形県東村山郡中山町あおば山形県東村山郡中山町土橋ジョンシャングァンチャン山形県東村山郡中山町長崎スプリンターズステークス山形県東村山郡中山町柳沢山形県東村山郡中山町小塩宮城県登米市米山町中津山おじいちゃんていいな中山グランドジャンプ大阪府枚方市香里ケ丘静岡県掛川市佐夜鹿市川高麗蔵(4代)ジャガイモジャガーねぇ 知ってるかい中山一徳(3代)中山南枝(初代)市川新蔵(3代)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中山の関連情報