光瀬左近(読み)みつせ さこん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光瀬左近 みつせ-さこん

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者。
天和(てんな)から貞享(じょうきょう)にかけて,京都で若衆方として名をはせた。貞享3年(1686)から立役(たちやく)に転じ,のち山下半左衛門の門人となる。宝永2年(1705)以後の活動は不明。後名山下佐五右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android