天和(読み)テンナ

大辞林 第三版の解説

てんな【天和】

〔「てんわ」の連声〕
年号(1681.9.29~1684.2.21)。延宝の後、貞享の前。霊元天皇の代。

テンホー【天和】

〔中国語〕
麻雀の役満貫の名。親の配牌の形がすでに上がりの形になっているもの。

てんわ【天和】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんな【天和】

日本の元号(年号)。江戸時代の1681年から1684年まで、霊元(れいげん)天皇の代の元号。前元号は延宝(えんぽう)。次元号は貞享(じょうきょう)。1681年(延宝9)9月29日改元。1681年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたることから、辛酉革命を理由として改元が行われた(革年改元)。『尚書(しょうしょ)』『前漢書』『後漢書』を出典とする命名。天和年間の江戸幕府の将軍は徳川綱吉(つなよし)(5代)。綱吉は天和改元の前年の1680年(延宝8)、継嗣がない兄の第4代将軍徳川家綱(いえつな)の養嗣子となり、家綱が病死したため第5代将軍に就任した。綱吉は、大老酒井忠清(ただきよ)を廃し堀田正俊(ほったまさとし)を大老に登用、戦国時代の気風の残る幕政を改革して文治政治を推進した(天和の治)。1682年(天和2)12月28日、江戸に大火があった(天和の大火)。この火災後、江戸本郷の八百屋の娘お七は避難先の寺小姓と恋仲になり、寺を引き払った後も小姓に会いたいという一心で、放火を行ったという。翌年、捕縛され火刑に処される。「八百屋お七」は井原西鶴(さいかく)の『好色五人女』に取り上げられ、その後、さまざまな作品のモチーフとなった。◇「てんわ」とも読む。

てんわ【天和】

⇒天和(てんな)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんな テンワ【天和】

(「てんわ」の連声) 江戸時代、霊元天皇の代の年号。延宝九年(一六八一)九月二九日、辛酉革命により改元、天和四年(一六八四)二月二一日に貞享元年となる。将軍は五代徳川綱吉。出典は「後漢書‐桓帝紀」の「天人協和、万国咸寧」。

テン‐ホー【天和】

〘名〙 (中国語から) マージャンの役満貫の一つ。親が配牌(ハイパイ)のままで上がりとなった形。

てんわ【天和】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天和の関連情報