若衆方(読み)わかしゅがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若衆方
わかしゅがた

歌舞伎で少年に扮するのを専門とした俳優寛永6 (1629) 年に女性中心の女歌舞伎が禁止され,それに代って台頭した若衆歌舞伎の頃に成立した役柄で,江戸時代中期までは衆道 (男色) を扱った作品が多かったため,重要な役柄であった。現在も『仮名手本忠臣蔵』の力弥,『妹背山婦女庭訓 (いもせやまおんなていきん) 』の久我之助など,主として時代物にこの系統の役は残っているが,特にこの役柄名は残っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

わかしゅがた【若衆方】

歌舞伎で、美少年の役柄。また、もっぱらその役柄を演じる俳優。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android