コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若衆方 わかしゅがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若衆方
わかしゅがた

歌舞伎で少年に扮するのを専門とした俳優寛永6 (1629) 年に女性中心の女歌舞伎が禁止され,それに代って台頭した若衆歌舞伎の頃に成立した役柄で,江戸時代中期までは衆道 (男色) を扱った作品が多かったため,重要な役柄であった。現在も『仮名手本忠臣蔵』の力弥,『妹背山婦女庭訓 (いもせやまおんなていきん) 』の久我之助など,主として時代物にこの系統の役は残っているが,特にこの役柄名は残っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わかしゅ‐がた【若衆方】

歌舞伎で、美少年に扮する俳優。また、その役柄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わかしゅがた【若衆方】

歌舞伎で、美少年の役柄。また、もっぱらその役柄を演じる俳優。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

若衆方の関連キーワード出来島小ざらし(初代)出来島小ざらし(2代)大和山甚左衛門(2代)柴崎林左衛門(初代)桜山庄左衛門(初代)大和屋甚兵衛(3代)猿若山左衛門(2代)尾上多賀之丞(初代)音羽次郎三郎(初代)小川吉太郎(初代)三条勘太郎(3代)荻野八重桐(2代)山下又太郎(2代)山下亀之丞(4代)笠屋又九郎(2代)中村竹三郎(初代)沢村小伝次(初代)藤村半太夫(初代)坂東彦三郎(2代)松本友十郎(初代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android