コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入射 ニュウシャ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐しゃ〔ニフ‐〕【入射】

[名](スル)第一の媒質内を進む光や粒子線などが、第二の媒質との境界面に達すること。投射。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうしゃ【入射】

( 名 ) スル
ある媒質中を進行する音・光・電磁波・粒子線が、別の媒質との境界面に達すること。投射。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入射の関連キーワードコッセル‐メーレンシュテット像ブライト‐ウィグナーの式ウィルチンスキプロットフレネルの反射公式ブルースターの法則ブルースターの角カー電気・光効果モノクロメーターフレネルの法則トムソン散乱ハーフミラークーロン励起スネルの法則反射の法則屈折の法則絶対屈折率光の散乱消衰距離吸音材料拡散反射

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入射の関連情報