コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入射 ニュウシャ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐しゃ〔ニフ‐〕【入射】

[名](スル)第一の媒質内を進む光や粒子線などが、第二の媒質との境界面に達すること。投射。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうしゃ【入射】

( 名 ) スル
ある媒質中を進行する音・光・電磁波・粒子線が、別の媒質との境界面に達すること。投射。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入射の関連キーワードコッセル‐メーレンシュテット像ブライト‐ウィグナーの式ウィルチンスキプロットフレネルの反射公式ブルースターの法則カー電気・光効果ブルースターの角モノクロメーターフレネルの法則ハーフミラークーロン励起スネルの法則トムソン散乱絶対屈折率反射の法則屈折の法則反射光線吸音材料光の散乱拡散反射

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入射の関連情報