コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全二重通信(読み)ゼンニジュウツウシン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

全二重通信

送信用と受信用に、二重の通信回線を利用する通信方式のこと。これにより、送信者と受信者が同時に双方向通信できる。デュプレックス通信、またはフルデュプレックス通信とも呼ぶ。データの伝送には2本1組の線が必要となるため、一般的な全二重通信では、受信用と送信用にそれぞれ2線を使う4線式の回線を利用する。なお、送信側と受信側で異なる周波数帯を使用することによって、2線式でも全二重通信ができる。公衆電話回線や、ツイストペアケーブルを用いる10Base-Tや100Base-TX、1000Base-T、Token Ringなどで採用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

全二重通信【ぜんにじゅうつうしん】

データ伝送方法の一つで,データを双方向で同時に送受信できる。受信中にエラーがあった場合,受信側がデータ受信中に送信側に対して送信中止や再送信を要求することができる。パソコン通信サービスで使用されている。→半二重通信

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android