コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全二重通信 ゼンニジュウツウシン

3件 の用語解説(全二重通信の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

全二重通信

送信用と受信用に、二重の通信回線を利用する通信方式のこと。これにより、送信者と受信者が同時に双方向通信できる。デュプレックス通信、またはフルデュプレックス通信とも呼ぶ。データの伝送には2本1組の線が必要となるため、一般的な全二重通信では、受信用と送信用にそれぞれ2線を使う4線式の回線を利用する。なお、送信側と受信側で異なる周波数帯を使用することによって、2線式でも全二重通信ができる。公衆電話回線や、ツイストペアケーブルを用いる10Base-Tや100Base-TX、1000Base-T、Token Ringなどで採用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜんにじゅう‐つうしん〔ゼンニヂユウ‐〕【全二重通信】

全二重

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

全二重通信【ぜんにじゅうつうしん】

データ伝送方法の一つで,データを双方向で同時に送受信できる。受信中にエラーがあった場合,受信側がデータ受信中に送信側に対して送信中止や再送信を要求することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

全二重通信の関連キーワードSMTP回線速度公衆通信回線半二重通信集線信用供与リセール公衆回線重信回線POPサーバー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全二重通信の関連情報