コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半二重通信 ハンニジュウツウシン

3件 の用語解説(半二重通信の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

半二重通信

トランシーバーのように、一方が送信している間は、もう一方は受信する通信方式。送信用と受信用の信号ラインを共有するため、片方向からの送信しかできない。電話のように双方が同時に通信できるものを全二重通信という。初期のEthernetは、半二重通信だったため、双方のホストが同時に信号を送信した場合に衝突(コリジョン)が発生し、再度送信が必要だった。最近は全二重通信が主流となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はんにじゅう‐つうしん〔ハンニヂユウ‐〕【半二重通信】

半二重

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

半二重通信【はんにじゅうつうしん】

データ伝送方法の一つで,どちらか一方が送信している間他方は受信のみを行う。受信中にエラーがあった際,受信終了を待って送信側に送信中止や再送信の要求をするため効率が悪くなる場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

半二重通信の関連キーワードWebサーバーSMTPサーバーメールサーバートランシーバーウェーバーの法則トラペンシートPCサーバーワイドレシーバーMailer-Daemon無資格レシーバー

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone