コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全窒素 ぜんちっそ

2件 の用語解説(全窒素の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぜんちっそ【全窒素】

環境基準の一。有機および無機(アンモニア態・亜硝酸態・硝酸態)の窒素化合物の総量。湖沼の窒素に関する環境基準になっている。窒素はリンとともに水系を富栄養化させ、赤潮の原因となる。略称 T - N 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

全窒素

 食品中のすべての窒素をいうが,通常ケルダール法によって定量されるものをいい,硝酸態窒素は除外する.タンパク質アミノ酸アミン,核酸など多くの化合物の窒素が含まれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全窒素の関連キーワード残余窒素窒素工業窒素平衡空中窒素固定法アミノ窒素可消化粗タンパク質タンパク質窒素バンスライク法非タンパク質窒素遊離アミノ態窒素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全窒素の関連情報