コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公地 コウチ

大辞林 第三版の解説

こうち【公地】

おおやけの土地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の公地の言及

【公地公民】より

…すべての土地と人民は朝廷に属するとし,豪族の私地私民に対立する概念。大化改新によって私地私民を廃止し,公地公民の政策が打ち出され,約半世紀後の大宝律令の施行によって公地公民制が確立したというのが通説である。しかし,すでに中田薫が指摘しているように,律令においては,口分田(くぶんでん)は私田とされていた。…

※「公地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

公地の関連キーワード三世一身法(さんぜいいっしんのほう)天智天皇(てんじてんのう)日本官公庁労働組合協議会アウェンチヌス丘墾田永年私財法墾田永世私財法三世一身の法班田収授法大化の改新天武天皇私地私民奈良時代王土思想聖武天皇大化改新大宝律令律令国家公地公民平安時代律令制

公地の関連情報