コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公稲 コウトウ

大辞林 第三版の解説

こうとう【公稲】

官に納める稲。律令制で、租税として徴収した稲を出挙すいこなどにあてるために貯えたもの。官稲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

公稲の関連キーワード律令制古代租税

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android