コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六塵 ロクジン

デジタル大辞泉の解説

ろく‐じん〔‐ヂン〕【六×塵】

仏語。色・声・香・味・・法の六境のこと。心を汚し煩悩を起こさせるのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の六塵の言及

【六境】より

…法境は広くは前の五境をふくむが,狭くは五境以外の残りのすべて,とくに思想的なものを意味している。六境は六根とつねに対応関係にあり,六根が主観的であるので六内処といわれるのに対して,客観的であるので六外処(ろくげしよ)ともいわれ,また煩悩によって執着される対象となるので六塵(ろくじん)とも呼ばれる。【井ノ口 泰淳】。…

※「六塵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六塵の関連キーワード除夜の鐘五塵仏語根塵厭離声色外塵塵境楽欲

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android