コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

維摩経 ゆいまぎょうVimalakīrti-nirdeśa-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

維摩経
ゆいまぎょう
Vimalakīrti-nirdeśa-sūtra

大乗仏教経典の一つ。サンスクリット原典は現存せず,チベット語訳と漢訳3本がある。鳩摩羅什訳『維摩詰所説経』 (3巻) が最も広く用いられる。主人公維摩が病気にことよせて仏弟子たちを病床に集め,部派仏教の立場を排して空思想に基づき大乗の理想を説教する。在家主義を宣揚するところに著しい特色が認められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆいま‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【維摩経】

大乗経典。梵本は散逸、チベット訳が現存。漢訳では鳩摩羅什(くまらじゅう)訳「維摩詰所説経」3巻のほか、支謙訳「維摩詰経」2巻、玄奘(げんじょう)訳「説無垢称経」6巻が現存。在家信者の維摩文殊菩薩との問答を通して、の思想とその実践を説き、在家信者の徳目を明らかにするもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

維摩経【ゆいまきょう】

大乗経典の一つ。サンスクリット原典は失われ,《大乗集菩薩学論》の中に断片を残す。漢訳は鳩摩羅什(くまらじゅう)訳の《維摩詰所説経(ゆいまきっしょせっきょう)》3巻など3種。
→関連項目仏教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいまきょう【維摩経】

大乗仏教経典の一つ。原題ビマラキールティ・ニルデーシャ・スートラVimalakīrti‐nirdeśa‐sūtra。サンスクリット原典は失われ,チベット語訳と3種の漢訳(支謙訳,クマーラジーバ訳,玄奘訳)が現存する。一般に用いられるのはクマーラジーバ(鳩摩羅什)訳《維摩詰所説経(ゆいまきつしよせつきよう)》である。中インドバイシャーリーの長者ビマラキールティ(維摩詰,維摩)の病気を菩薩や仏弟子たちが見舞うが,みな維摩にやりこめられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆいまぎょう【維摩経】

大乗経典。原典は散逸、漢訳に鳩摩羅什くまらじゆう訳の「維摩詰所説経」(三巻)など。在家の仏教者である維摩を主人公に、不二に究まる大乗の立場、空くうの精神を明らかにする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

維摩経
ゆいまぎょう

仏典。『般若経(はんにゃきょう)』の空(くう)の思想を受け継ぎ、それを在家(ざいけ)主義の立場にたって展開させた大乗経典の一つ。成立は早く、初期大乗経典の部類に属している。2世紀ごろにつくられたのであろう。主人公の在家の居士(こじ)、維摩(維摩詰(きつ))が、出家者である釈尊の高足の弟子たちの思想や実践修行を徹底的に論難して、そのあと真実の真理を教示し、彼らを導く、という構成をもって説かれている。この経のなかの「絶対平等の境地」(入不二法門(にゅうふにほうもん))を説いた第9章は、後世とりわけ注目され、有名である。絶対平等の境地は、ことばもなく、説くことも示すことも認知することもできない境地のことである、と自らの見解を述べたうえで、維摩の考えを問うた文殊菩薩(もんじゅぼさつ)に対して、維摩は黙然として語らなかった、という。ことばによって真理を説くことは、たとえそれがどのように巧妙なものであっても、つねに一つの説明でしかないわけであり、あらゆる対立を超えた絶対平等の境地を偏向なく示しえない。維摩の沈黙はこうしたことをみごとに語っているのであり、それだけに注目されるところとなったのであろう。『維摩経』は空を説いて、とらわれを捨てることを教える経であるが、その本旨は、とらわれを捨てるというそのことが身をもってなされねばならないことを強く訴えようとするところにある。維摩の沈黙もこの点を象徴的に表現したものである。なお、サンスクリット原本は現存せず、3種の漢訳と1種のチベット訳が残っている。[新田雅章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

維摩経の関連情報