六境(読み)ろっきょう

  • ろっきょう ロクキャウ
  • ろっきょう〔ロクキヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。人間の感覚や認識 (→六識 ) のよりどころとなってそれを成立させる感官能力である,耳,鼻,,身,意 (→六根 ) に対応するそれらの対象領域,すなわち,声,,味,,法などをいう。法を除けば五 (五行) という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

仏教では,認識作用の対象(対境)を〈境(きよう)〉という。認識する感覚器官とその働きを合わせて〈根(こん)〉といい,眼(げん)(見る),耳(に)(聞く),鼻(び)(嗅ぐ),舌(ぜつ)(味わう),身(しん)(触れる)の五根にはそれぞれ対応する対象があり,それらを順次に色境(しききよう)(いろ・かたち),声境(しようきよう)(声や音),香境(こうきよう)(香りや臭気),味境(みきよう)(甘・などの味),触境(しよくきよう)(触覚による冷・,堅・など)の五境とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。六識(ろくしき)すなわち、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根が認識する六つの対象のこと。色境(色や形)・声境(しょうきょう)(言語や音声)・香境(香り)・味境(味)・触境(そっきょう)(堅さ・しめりけ・あたたかさなど)・法境(意識の対象となる一切のもの、また、上の五境以外の思想など)をいう。六塵(ろくじん)
※梵舜本沙石集(1283)五本「鳥窠の言に、『薪火相交、識性不止』と者、薪は六境に似たり。火は六根の如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の六境の言及

【ダルマ】より

…六内処とは,眼(げん),耳(に),鼻(び),舌(ぜつ),身(しん),意(い),つまり,視覚器官,聴覚器官,嗅覚器官,味覚器官,触覚器官という5種の外的器官と,それらと密接に結びつきながら,意識をもたらす内的器官(意)の作用のことで,六根ともいわれる。六外処とは,色,声(しよう),香,味,触(そく),法(意の対象となる概念),つまり,知覚の対象のことで,六境ともいわれ,外界全体をおおうことになる。十八界とは,この十二処(六根六境)に,六識を加えたものである。…

※「六境」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android