コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華義疏 ほっけぎしょFa-hua yi-shu

4件 の用語解説(法華義疏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華義疏
ほっけぎしょ
Fa-hua yi-shu

中国,隋の嘉祥大師吉蔵の著。 12巻。三論宗の立場から『法華経』を解釈したもので,多くの経論から引用がなされている。『法華経』の思想の研究には不可欠の文献とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

法華義疏
ほっけぎしょ

聖徳太子の著書。4巻。『三経義疏』の一つ。主として法雲の『法華経義記』によっているが,一大乗の説や菩薩の不親近処十種の説などは,中国高僧の注疏類にはみられない独自な解釈である。そこには現実生活を肯定する立場が認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっけぎしょ【法華義疏】

聖徳太子の作とされ,《法華経》についての注釈を集めるとともに,みずからの注釈を施したもので,日本仏教の根元として注目をひく。全4巻。《勝鬘経義疏》《維摩経義疏》とあわせて《三経義疏(さんぎようぎしよ)》と称する。法隆寺に伝えられた太子の稿本があり,明治初年皇室に献納され,現在は御物とされている。六朝風の書体で記され,同筆で添削が施されており,日本最古の墨跡としても貴重である。三経義疏【栗原 治夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほっけぎしょ【法華義疏】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の法華義疏の言及

【義疏学】より

…義疏とは,経義を疏通すること,またその書物をいう。仏典では経の祖師説あるいは祖師の論を注解したものを義疏といい,竺道生(じくどうしよう)の著した《法華義疏(ほつけぎしよ)》は,現存のもっとも古い《法華経》の注釈書である。この語が儒学の分野に用いられたのは,宋の明帝の《周易義疏》からであり,義疏の学は六朝から唐の中ごろまで,はなはだ盛んに行われた。…

【三経義疏】より

…聖徳太子の著作で,《法華義疏(ほつけぎしよ)》4巻,《維摩経義疏(ゆいまきようぎしよ)》3巻,《勝鬘経義疏(しようまんぎようぎしよ)》1巻の総称。《日本書紀》によれば,太子は606年(推古14)に《勝鬘経》と《法華経》を講じたとあり,《維摩経》のことは不明だが,この講経と義疏の製作は,密接な関係をもっていると考えられる。…

【書】より

…これは1971年韓国公州で出土した《武寧王陵墓誌》(525)の書風と類似の系列に属しており,中国から朝鮮半島を経て日本に至る文化伝播を考えるうえで注目される。紙に書かれた最古の遺品として著名な伝聖徳太子筆《法華義疏》は,訂正加筆のあとがある草稿本で,書風は北魏の書に熟した行・草書体のさわやかな筆致を示し,その撰は615年に当たる。他の金石文の遺例と併せて考えると,7世紀初頭は北魏の書風が行われていたと推察される。…

※「法華義疏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone