六度万行(読み)ろくどまんぎょう

精選版 日本国語大辞典の解説

ろくど‐まんぎょう ‥マンギャウ【六度万行】

〘名〙 仏語。六度すなわち六波羅蜜の中に、あらゆる善の実践が包み込まれていること。善の実践のすべては六度にほかならないこと。浄土門では念仏以外の諸行諸善をいう。〔秘蔵宝鑰(830頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる