コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秘蔵宝鑰 ひぞうほうやく

3件 の用語解説(秘蔵宝鑰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秘蔵宝鑰
ひぞうほうやく

空海の著書。3巻。天長7 (830) 年頃成立。『秘密曼荼羅十住心論』をみずから要約したもので,『十住心論』を広論というのに対して,略論といわれる。十住心の教判を立て,真言宗が一切諸教のうえに立って,すべてを包括するものであることが説かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひぞうほうやく【秘蔵宝鑰】

仏教書。三巻。空海著。830年頃成立。「十住心論」一〇巻を簡略化したもの。「十住心論」を広論、本書を略論ともいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

秘蔵宝鑰の関連キーワード万多親王世界遺産条約南スーダン共和国カネミ油症と仮払金返還問題寄付条例世界遺産の現状と課題西村真悟衆院議員による弁護士法違反事件筑前大島イーストコア曳舟山本病院事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秘蔵宝鑰の関連情報