秘蔵宝鑰(読み)ひぞうほうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秘蔵宝鑰
ひぞうほうやく

空海の著書。3巻。天長7 (830) 年頃成立。『秘密曼荼羅十住心論』をみずから要約したもので,『十住心論』を広論というのに対して,略論といわれる。十住心教判を立て,真言宗が一切諸教のうえに立って,すべてを包括するものであることが説かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひぞうほうやく【秘蔵宝鑰】

仏教書。三巻。空海著。830年頃成立。「十住心論」一〇巻を簡略化したもの。「十住心論」を広論、本書を略論ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひぞうほうやく ヒザウホウヤク【秘蔵宝鑰】

平安前期の仏教書。三巻。空海著。天長七年(八三〇)ころ成立。六本宗書の一つである「十住心論」を簡略化したもので、諸思想の優劣・深浅を定め、真言宗の立場を明らかにする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android