六度(読み)ろくど

精選版 日本国語大辞典「六度」の解説

ろく‐ど【六度】

〘名〙
※真如観(鎌倉初)「六度(ロクド)をも修行せずして」 〔六度集経‐一〕
② 西洋音階で、ある音を一度とし、それから六番目の音との間の音程。四つの全音と一つの半音を含む長六度、三つの全音と二つの半音を含む短六度、さらに協和・不協和により純正六度、平均律六度の別がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android