コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土門 じょうどもん

6件 の用語解説(浄土門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄土門
じょうどもん

浄土教の側から仏教を分類したなかの一つ。この世に生をうけたその身のまま修行を積み,悟りを開くという自力の聖道門に対し,この世では悟りは開かないが,阿弥陀仏の本願力によって阿弥陀仏の浄土に生れて,そこで悟りを開くという他力の実践法を浄土門という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうど‐もん〔ジヤウド‐〕【浄土門】

阿弥陀仏の広大な誓いを信じ、念仏して極楽浄土に往生することを説く、他力の教え。浄土宗浄土真宗時宗融通念仏宗など。他力門。→聖道門(しょうどうもん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浄土門【じょうどもん】

釈迦の教えを分類大別した呼称。聖道(しょうどう)門と浄土門に二大別する。阿弥陀仏の誓願を信じ,浄土に往生することに悟りを得ようとするのが浄土門で,他力門,易行道ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどもん【浄土門】

仏教を分類するしかた(教判)の一つで,聖道門(しようどうもん)に対比される。唐の道綽(どうしやく)の創説にかかる。浄土門は阿弥陀仏の本願を信じ,それにすがって極楽浄土に生まれ,悟りをえようとするもので,他力門・易行(いぎよう)道とされる。法然は〈浄土門と云ふは,この娑婆世界をいとひすてゝ,いそぎて極楽にむまるゝ也。かのくににむまるゝ事は阿弥陀仏のちかひにて人の善悪をえらばず。たゞほとけのちかひをたのみたのまざるによる也。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうどもん【浄土門】

自力の修行によって仏となるのではなく、阿弥陀如来の慈悲によって極楽浄土に往生し、成仏することができると信じ念仏する教門。 ↔ 聖道門しようどうもん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄土門
じょうどもん

浄土教においてたてている教判(きょうはん)に出るもので、聖道(しょうどう)門に対することば。詳しくは往生(おうじょう)浄土門といい、浄土に往生して悟りをひらく教えということ。中国浄土教の始祖道綽(どうしゃく)の『安楽集(あんらくしゅう)』には『大集月蔵経』を引用して、末法のいまの世においては、自力修行の道によって悟りをひらくものはだれもいないが、ただ浄土門だけがいかなる造悪の人も成仏(じょうぶつ)させる道である、と説かれている。日本浄土教を一宗として独立させ、その教えを大成した法然(ほうねん)(源空)は、浄土門について、一つはまさしく往生浄土を明かす教え、もう一つは傍らに往生浄土を明かす教えというように、2種類に分け、前者こそ「浄土三部経」(『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』)および世親(せしん)の『浄土論』に説かれる専修(せんじゅ)念仏の教えであることを明らかにした。彼は、末法五濁(ごじょく)の世にある愚悪の人間(凡夫(ぼんぶ))にとって、この往生浄土の教えがただ一つ成仏を可能にする道であって、それが本願他力(ほんがんたりき)を信じて念仏を唱えることである、と説いた。[瓜生津隆真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄土門の関連キーワード教判自然分類十界図肩白国際標準職業分類食品群シャンドの分類モーガン‐キーナンの分類機能別分類形態別分類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄土門の関連情報