コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土門 じょうどもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄土門
じょうどもん

浄土教の側から仏教を分類したなかの一つ。この世に生をうけたその身のまま修行を積み,悟りを開くという自力の聖道門に対し,この世では悟りは開かないが,阿弥陀仏の本願力によって阿弥陀仏の浄土に生れて,そこで悟りを開くという他力の実践法を浄土門という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

浄土門【じょうどもん】

釈迦の教えを分類大別した呼称。聖道(しょうどう)門と浄土門に二大別する。阿弥陀仏誓願を信じ,浄土に往生することに悟りを得ようとするのが浄土門で,他力門,易行道ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどもん【浄土門】

仏教を分類するしかた(教判)の一つで,聖道門(しようどうもん)に対比される。唐の道綽(どうしやく)の創説にかかる。浄土門は阿弥陀仏の本願を信じ,それにすがって極楽浄土に生まれ,悟りをえようとするもので,他力門・易行(いぎよう)道とされる。法然は〈浄土門と云ふは,この娑婆世界をいとひすてゝ,いそぎて極楽にむまるゝ也。かのくににむまるゝ事は阿弥陀仏のちかひにて人の善悪をえらばず。たゞほとけのちかひをたのみたのまざるによる也。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうどもん【浄土門】

自力の修行によって仏となるのではなく、阿弥陀如来の慈悲によって極楽浄土に往生し、成仏することができると信じ念仏する教門。 ↔ 聖道門しようどうもん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄土門
じょうどもん

浄土教においてたてている教判(きょうはん)に出るもので、聖道(しょうどう)門に対することば。詳しくは往生(おうじょう)浄土門といい、浄土に往生して悟りをひらく教えということ。中国浄土教の始祖道綽(どうしゃく)の『安楽集(あんらくしゅう)』には『大集月蔵経』を引用して、末法のいまの世においては、自力修行の道によって悟りをひらくものはだれもいないが、ただ浄土門だけがいかなる造悪の人も成仏(じょうぶつ)させる道である、と説かれている。日本浄土教を一宗として独立させ、その教えを大成した法然(ほうねん)(源空)は、浄土門について、一つはまさしく往生浄土を明かす教え、もう一つは傍らに往生浄土を明かす教えというように、2種類に分け、前者こそ「浄土三部経」(『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』)および世親(せしん)の『浄土論』に説かれる専修(せんじゅ)念仏の教えであることを明らかにした。彼は、末法五濁(ごじょく)の世にある愚悪の人間(凡夫(ぼんぶ))にとって、この往生浄土の教えがただ一つ成仏を可能にする道であって、それが本願他力(ほんがんたりき)を信じて念仏を唱えることである、と説いた。[瓜生津隆真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浄土門の関連キーワード問・悶・文・紋・聞・門正信念仏偈浄土三部経山口 光円自力・他力還相回向即得往生難易二道往相回向捨閉閣抛二双四重浄土の主山本西武三尊来迎聖浄二門他力本願安楽集二尊教易行道浄土教

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android