コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実践 じっせんpractice

翻訳|practice

4件 の用語解説(実践の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実践
じっせん
practice

ある目的成就の過程のこと。理論あるいは認識の反対概念として用いられる。目的を異にするおのおのの分野によって実践も異なるので,実践は多種多様な形態をもつ。またどの分野の実践が重視されるかは古来から思想傾向によってそれぞれ異なっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じっ‐せん【実践】

[名](スル)
主義・理論などを実際に自分で行うこと。「理論を実践に移す」
哲学で、
㋐人間の倫理的行為。アリストテレスの用法で、カントなどもこの意味で用いる。
㋑人間が外界についてもっている自らの知識に基づき、これに働きかけて変革していく行為。マルクスエンゲルスによって明らかにされた意味。
[用法]実践・実行実施――「計画を実践(実行・実施)する」のように、実際に行う意では相通じて用いられる。◇「実践」は理論・徳目などを、みずから実際に行う場合に多く使う。「理論と実践」「神の教えを実践する」など。◇「実行」は最も普通に使われるが、倫理的な事柄についてはあまり用いない。「親孝行の実践」に、「実行」を用いると不自然な感じになる。◇「実施」は、あらかじめ計画された事・行事などを実際に行う意で、「減税計画を実施する」「試験の実施期間」などと用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じっせん【実践】

一般に,抽象的思弁としての〈理論〉に対して,人間の自然や社会に対する〈働きかけ(活動)〉をいう。西欧語では,practice(英語),Praxis(ドイツ語),pratique(フランス語)など。その場合,自然に対する働きかけを,とくに〈労働〉と呼び,社会に対する働きかけを,倫理的・政治的活動として,とくに〈行為〉(英語conduct,ドイツ語Handlung,フランス語conduite)と呼ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じっせん【実践】

( 名 ) スル
実際に行うこと。理論や理念を行動に移すこと。実行。 「すすんで-する」
〘哲〙 〔ギリシャ praxis〕 人間の倫理的行為。アリストテレスでは、制作(ポイエーシス)や観想(テオーリア)と区別され、道徳に関係する行動(政治をも含めて)を意味する。カントなど一般的にはこの伝統上の意味で用いる。マルクス主義では生産的実践を重視し、人間が意識的に環境(人間・社会・自然)に働きかけてこれを変革してゆく行為とされる。 「理論と-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の実践の言及

【倫理学】より

…しかし倫理については種々の謬見や邪説もありうるのだから,それらと正しい説とを見分けるに足る批判力を身に付けるという意味では,倫理学についての素養もある程度の有効性をもちうると,カントなどは考えている。さらに,これはアリストテレスなどがすでに明確にとっている立場なのであるが,倫理の問題となると,それについて知識を有することも重要ではあるが,結局はそれが実践として正しく現実化されることが肝要である。当の知識が単なる空理空論であって,実践的にはまったく無効であるとすれば,それは倫理的には無意義なことであり,むしろ逆に,倫理学などまったく知らなくても,当人が一個の信頼すべき人間として行動し生活できるというほうがよほど有意義であるという事情が,倫理の問題にはある。…

※「実践」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実践の関連情報