コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通プラットフォーム きょうつうぷらっとふぉーむ

1件 の用語解説(共通プラットフォームの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

共通プラットフォーム

ハードウェアの違いやOSの違いを吸収し、ソフトウェア開発者やユーザーに利用しやすい環境を提供するもの。たとえば、PC/AT互換機にはさまざまな部品が使われているが、OSにWindowsを使えば、利用者はハードウェアの違いを意識せずに利用できる。また、Javaに対応したソフトウェアは、Java仮想マシンというソフトウェアを通じて、さまざまなOS上で利用できる。これらのような場合、WindowsはPC/AT互換機に対する共通プラットフォーム、JavaはOSに対する共通プラットフォームであるといえる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共通プラットフォームの関連キーワードキャリブレーションHELサードパーティー性差変異嗅ぎ分ける仕切り違い棚違い噛み分けるエックス線検査(X線検査)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共通プラットフォームの関連情報