コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Java ジャバ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Java

1995年にサン・マイクロシステムズ社が開発した、オブジェクト指向プログラミング言語。Javaで作成されたソフトウェアは、Java仮想マシンというソフトウェア上で動作するため、OSごとにJava仮想マシンを用意すれば、OSにかかわらず実行できる。Javaのソフトウェアには、Webブラウザー上で動作するJavaアプレットと、単体で動作するJavaアプリケーションの2種類がある。また、Webサーバー側でJavaプログラムを実行するJava EE(Java Platform, Enterprise Edition)は、動的なページの生成やWebアプリケーションの構築に広く使われている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

Java

プログラム言語のひとつです。Javaで作ったプログラムを動かす「実行環境」と呼ばれるソフトをあらかじめ機器に入れておくことで、同じソフトを機器やOSの種類を問わずに動かせる利点があります。
⇨プログラム言語

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

Java

1995年に公開された。ウィンドウズやUNIXといった特定の基本ソフト(OS)によらず、動画やゲーム、業務用ソフトを動かすために使われている。日本オラクルのサイトによると、11億台のデスクトップ型パソコンや30億台の携帯電話のほか、ブルーレイディスクプレーヤーに使われているという。動くサイトづくりに多用されるジャバスクリプトは別の言語。

(2013-01-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

Java【ジャバ】

米国のサン・マイクロシステムズ社(現オラクル社)が提案するインターネット用の単純なオブジェクト指向言語。Javaのコードは,アプレットと呼ばれる小さなプログラムに翻訳され,リアルタイムで実行される。
→関連項目コンパイラー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Java
ジャバ

中央処理装置 CPUやオペレーティングシステム OSなどの実行環境に左右されずに使えるオブジェクト指向のプログラム言語(→オブジェクト指向プログラミング)。アメリカ合衆国のサン・マイクロシステムズが 1995年に発表し,CC++との共通性,オブジェクト言語としての利便性,実行環境(プラットフォーム)に依存しないためインターネットに向いていることなどから世界中に広まった。Javaのソースコード(→ソースプログラム)は機械語に変換(コンパイル)されるとプラットフォームとは独立のコードに変換され,それぞれの OSに組み込まれた Javaインタープリタ(仮想コンピュータ)によって解釈されて実行される。このため,CPUや OSなどの違いに左右されることなくプログラムを扱えるので,多様なコンピュータが混在するインターネット環境では理想的なものとなっている。Javaで開発されたプログラムで,ブラウザなどで HTML文書内から参照されるものは「アプレット」,独立しているものは通常と同じく「アプリケーション」と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Java
じゃば

アメリカのサン・マイクロシステムズ社が開発したオブジェクト指向のプログム言語。従来よく使われていたプログラム言語を使用して開発されたプログラムは、Windows(ウィンドウズ)用とかMacintosh(マッキントッシュ)用というように、そのプログラムを動かす機種に依存する。しかし、Javaを使って開発すれば、Javaを動かせる条件さえあれば機種を問わず動かせる。Javaを動かすためには、WWWブラウザー(インターネット上の情報を閲覧するためのソフトウェア)などのアプリケーションにJavaのプログラムを解釈して実行する機能が組み込まれていたり、WindowsやMac OSのような基本ソフトウエア(オペレーティングシステム)のかわりに機器に直接組み込まれていることがある。インターネットのようにさまざまな機種がつながるネットワークでは、各機種ごとにソフトウェアを開発することはたいへんなので、Javaを使った開発が広がっている。[中島由弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のJavaの言及

【オブジェクト指向】より

…オブジェクト指向に基づいてプログラムを容易に記述できるようなプログラミング言語はオブジェクト指向プログラミング言語と呼ばれている。オブジェクト指向言語としては,Actor,Smalltalk,Java等がある。データベースの対象となる複雑なデータをオブジェクト指向におけるオブジェクト単位でデータベースを管理する場合,オブジェクト指向データベースと呼ばれる。…

【言語処理系】より

…作業結果は,出来上がるスパゲッティである。 コンパイラー方式の代表的な言語にC,Ada,インタプリター方式の代表的な言語にBasic,Lisp,中間言語方式の代表的言語にJava,Smalltalkがある。プログラムの実行速度はインタプリター方式の場合,コンパイラー方式に比べ,かなり低速となる。…

【プログラミング】より

… 最近では,オブジェクト指向のパラダイムをプログラミングでも生かしている。初期のオブジェクト指向プログラミング言語Smalltalkから,現在のJavaまで,オブジェクト(実体)で実世界をモデリングして,それをプログラムに対応づけする方法は,しばしば生じるプログラムの保守(追加要求や仕様変更に応じる手直し)が容易であることから,特に大規模のプログラムで採用している。オブジェクト指向のプログラムでは,情報構造と情報操作とをひとまとめにカプセル化してしまうことから,保守しやすいプログラムになる。…

【プログラミング言語】より

… リフレクションを使うことで,デバッガーや実行回数計測ツールなどを高水準言語で記述したり,手続き呼出しを遠隔呼出し(他のコンピューター上にある手続きを呼び出す)に変換することなどが可能になる。Javaは標準でリフレクションのためのAPIを搭載している。
【オブジェクト指向言語】
オブジェクト指向とは,ソフトウェアの設計に際して現実ないし(計算機内部に)仮想的に存在する〈もの〉に焦点を当てるという考え方を言い,その考え方に基づく言語をオブジェクト指向言語と呼ぶ。…

※「Java」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Javaの関連キーワードSun Java Studio EnterpriseMac OS Runtime for JavaJavaOne カンファレンスSun Java Studio100% Pure JavaEmbedded JavaPersonalJavaMicrosoft VMAPIドキュメントJavaスクリプトJava IDLジャバ仮想マシンアダプタークラスJ2SE 5.0JBuilderVisual JJava RMIインスタンス変数Servletインスタンス化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Javaの関連情報