兵は猶火の如し(読み)ヘイハユウカノゴトシ

とっさの日本語便利帳の解説

兵は猶火の如し

戦争は火事と同じだ、早めに消し止めておかないと、後になれば手に負えなくなる、という意味。それは歴史の示すとおりであり、その意味でのこの比喩は巧みである。その傷跡が長く残るのも火事と同じ。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android