コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵は猶火の如し ヘイハユウカノゴトシ

とっさの日本語便利帳の解説

兵は猶火の如し

戦争は火事と同じだ、早めに消し止めておかないと、後になれば手に負えなくなる、という意味。それは歴史の示すとおりであり、その意味でのこの比喩は巧みである。その傷跡が長く残るのも火事と同じ。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android