コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵は猶火の如し ヘイハユウカノゴトシ

1件 の用語解説(兵は猶火の如しの意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

兵は猶火の如し

戦争は火事と同じだ、早めに消し止めておかないと、後になれば手に負えなくなる、という意味。それは歴史の示すとおりであり、その意味でのこの比喩は巧みである。その傷跡が長く残るのも火事と同じ。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵は猶火の如しの関連キーワード押し止める火事火事羽織消し止める小火押止める火事と喧嘩は江戸の花差し止む差止め志賀原発2号機訴訟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone