コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

具志堅幸司 ぐしけん こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

具志堅幸司 ぐしけん-こうじ

1956- 昭和後期-平成時代の体操選手,指導者。
昭和31年11月12日生まれ。大阪の清風高で力をつけ,日本体育大在学中アキレス腱をいためたが,努力で克服。昭和56年世界選手権個人総合3位。58年の同大会で2位。59年ロス五輪で個人総合とつり輪で2個の金メダルを獲得。60年引退。日本体育大女子短大助教授などをへて,平成17年日本体育大教授。19年日本体操協会理事。大阪出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の具志堅幸司の言及

【体操】より

…この間,個人戦でもしばしば上位に入賞し,68年のメキシコ・オリンピック大会の床運動で,金,銀,銅メダルを独占した。個人戦でのメーンエベントである個人総合でも,1964年東京オリンピック大会で遠藤幸雄が初めて優勝したのをはじめ,68年メキシコ大会,72年ミュンヘン大会で加藤沢男が2連勝,84年ロサンゼルス大会でも具志堅幸司が優勝した。その後,しばらく日本の体操競技は低迷を続けていたが,95年福井県鯖江市で開催した世界選手権大会では男子団体総合で2位になるなど,再び上位進出を果たした。…

※「具志堅幸司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

具志堅幸司の関連キーワードロサンゼルス・オリンピック競技大会体操競技内村航平グシケン指導者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

具志堅幸司の関連情報