コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内分泌かく乱物質

1件 の用語解説(内分泌かく乱物質の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

内分泌かく乱物質

生物の体内にとりこまれた場合、生体内で営まれている正常なホルモン作用に影響を与える外因性の物質。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内分泌かく乱物質の関連キーワードポルフィリン異物インビボ体内体内受精脈管脂質代謝生体内抗原性生体内変化 (biotransformation)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内分泌かく乱物質の関連情報