コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内核 ナイカク

デジタル大辞泉の解説

ない‐かく【内核】

地球の核のうち、5100キロより深い中心の部分。外核に囲まれる。鉄を主成分とし、固体状と考えられている。内部コア

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ないかく【内核】

地球の核のうち、5100キロメートル 以深の部分。ほとんど鉄からなり固体状と考えられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の内核の言及

【核】より

…中心核と呼ばれることもある。深さ約5150kmを境として,外側の外核と内側の内核とに分かれる。どちらも主成分は鉄であるが,外核は流体で,内核は固体であると考えられている。…

【地球】より

… 地表から深さ2900kmにおいてマントルから核へと変わる。核は外核と内核とに分かれ,地震波のうちP波は外核を通過するが,S波は通過しないことから,外核は液体であることがわかる。半径約1300kmの内核は固体と考えられる。…

※「内核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内核の関連キーワード世代間の不公平5大絶滅事件改正競馬法ミャンマー岡山市シルバー人材センター年金記録問題外核年金記録問題山一證券vPro

内核の関連情報