コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内核 ナイカク

デジタル大辞泉の解説

ない‐かく【内核】

地球ののうち、5100キロより深い中心の部分。外核に囲まれる。主成分とし、固体状と考えられている。内部コア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ないかく【内核】

地球の核のうち、5100キロメートル 以深の部分。ほとんど鉄からなり固体状と考えられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内核の言及

【核】より

…中心核と呼ばれることもある。深さ約5150kmを境として,外側の外核と内側の内核とに分かれる。どちらも主成分は鉄であるが,外核は流体で,内核は固体であると考えられている。…

【地球】より

… 地表から深さ2900kmにおいてマントルから核へと変わる。核は外核と内核とに分かれ,地震波のうちP波は外核を通過するが,S波は通過しないことから,外核は液体であることがわかる。半径約1300kmの内核は固体と考えられる。…

※「内核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内核の関連キーワードグーテンベルクモデルジェフリーズモデルバイオテクノロジーフランスの核実験セーフガード計画地球の物理的性質レーマン不連続面セシウム137地熱(ちねつ)バミューダ会談フォールアウトケイマンゴルフ地球内部構造ムルロア環礁大気圏核実験球状花崗岩木星型惑星原子核反応地球の構造核(地球)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内核の関連情報