外核(読み)ガイカク

大辞林 第三版の解説

がいかく【外核】

地球の核の外側の部分、2900キロメートル 以深、5100キロメートル 以浅の部分。地震波の S 波が伝わらない。鉄を主とし、ニッケルなどが加わった溶融状態と考えられている。 → 内核地球

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外核の言及

【核】より

…中心核と呼ばれることもある。深さ約5150kmを境として,外側の外核と内側の内核とに分かれる。どちらも主成分は鉄であるが,外核は流体で,内核は固体であると考えられている。…

【地球】より

… 地表から深さ2900kmにおいてマントルから核へと変わる。核は外核と内核とに分かれ,地震波のうちP波は外核を通過するが,S波は通過しないことから,外核は液体であることがわかる。半径約1300kmの内核は固体と考えられる。…

※「外核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外核の関連情報