コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外核 ガイカク

大辞林 第三版の解説

がいかく【外核】

地球の核の外側の部分、2900キロメートル 以深、5100キロメートル 以浅の部分。地震波の S 波が伝わらない。鉄を主とし、ニッケルなどが加わった溶融状態と考えられている。 → 内核地球

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外核の言及

【核】より

…中心核と呼ばれることもある。深さ約5150kmを境として,外側の外核と内側の内核とに分かれる。どちらも主成分は鉄であるが,外核は流体で,内核は固体であると考えられている。…

【地球】より

… 地表から深さ2900kmにおいてマントルから核へと変わる。核は外核と内核とに分かれ,地震波のうちP波は外核を通過するが,S波は通過しないことから,外核は液体であることがわかる。半径約1300kmの内核は固体と考えられる。…

※「外核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外核の関連キーワードグーテンベルク不連続面グーテンベルクモデルジェフリーズモデル地球の物理的性質レーマン不連続面地球内部構造地球流体力学ダイナモ理論地球の構造核(地球)スパルタン木星型惑星核[地球]地震波の影球状花崗岩プルームFBS地震波金属地球

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外核の関連情報