外核(読み)ガイカク

大辞林 第三版の解説

がいかく【外核】

地球の核の外側の部分、2900キロメートル 以深、5100キロメートル 以浅の部分。地震波の S 波が伝わらない。鉄を主とし、ニッケルなどが加わった溶融状態と考えられている。 → 内核地球

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐かく グヮイ‥【外核】

〘名〙 地球の中心部をつくる核の外側の部分。地下約二九〇〇~五〇〇〇キロメートルの間に相当する。鉄を主成分とし、ニッケルケイ素硫黄をふくみ、流体的と考えられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外核の言及

【核】より

…中心核と呼ばれることもある。深さ約5150kmを境として,外側の外核と内側の内核とに分かれる。どちらも主成分は鉄であるが,外核は流体で,内核は固体であると考えられている。…

【地球】より

… 地表から深さ2900kmにおいてマントルから核へと変わる。核は外核と内核とに分かれ,地震波のうちP波は外核を通過するが,S波は通過しないことから,外核は液体であることがわかる。半径約1300kmの内核は固体と考えられる。…

※「外核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外核の関連情報