コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海流 うちみりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内海流
うつみりゅう

近世槍術(そうじゅつ)(鍵槍(かぎやり))の一流派。流祖は内海左門重次(さもんしげつぐ)(?―1648)。左門は生国近江(おうみ)(滋賀県)、蒲生氏郷(がもううじさと)の家人古屋喜左衛門の子で、同家の中堀彦右衛門入道玄清(げんせい)から、中条流の戸田清玄(とだせいげん)(富田勢源)が案出したという九尺柄の鍵槍を学び、その技術精妙をうたわれた。初め石田三成(みつなり)に仕えたが、関ヶ原の戦い(1600)後、藤堂高虎(とうどうたかとら)に500石をもって召し抱えられ、大坂夏の陣には敵の首三つ、生捕(いけどり)2人の殊勲をあげ、500石加増、1000石、鉄炮頭(てっぽうがしら)に任じ、六郎左衛門と改め、のち紹節と号した。長男久兵衛重行が後を継いで内海流を称し、以下代々伊勢(いせ)(三重県)津藩の師範家を務めた。幕末の8代重棟(しげむね)に『集古家秘』『古伝集解』『弄槍論(ろうぞうろん)』などの著がある。なお、『武芸小伝』の槍術の部に、打身流、流祖打身佐内、富田牛生(ごせい)に学ぶとあるは、当て字に誤写が重なったものとみられる。[渡邉一郎]
『岡本勇著・刊『岡本道可傳』(1937) ▽島田貞一編『日本武術大系第7巻 槍術』(1982・同朋舎出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内海流の言及

【槍術】より

…江戸時代になると,槍は武士のもつ武具として,またたしなむべき武術として非常に重要な位置を占めるようになり,腰の二刀とともに武士階級を象徴するようになった。流派も数多く出現するが,素槍では,大内無辺の無辺流,竹内藤一郎の竹内流,中山源兵衛吉成の風伝流など,鎌槍では,奈良宝蔵院の僧胤栄の宝蔵院流(これは高田派,中村派,礒野派などに分派する),鍵槍では,内海六郎右衛門重次の内海流,佐分利猪之助重隆の佐分利流,管槍は,伊東紀伊守祐忠の伊東流,小笠原内記貞春の日本覚天流,津田権之丞信之の貫流などがおもな流派である。江戸時代初期にほぼ完成をみた槍術は,中期から後期にかけて技や理論もくふう研究され,とくに練習法の進歩はめざましく,双方が防具を着けて仕合稽古を行うようになった。…

※「内海流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内海流の関連キーワード打身佐内