コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内祝(い) ウチイワイ

デジタル大辞泉の解説

うち‐いわい〔‐いはひ〕【内祝(い)】

近親者だけでする祝い。
自分の家の祝い事の記念に、親しい人に贈り物をすること。また、その品。
[補説]い事のあった人が贈るものなので、他人の祝い事に「内祝いをお贈りします」と言うのは誤り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

結婚式・ウェディング用語集の解説

内祝

披露宴に出席しなかった方からお祝を頂いたり、高額のお祝を頂いた方へ、お祝のお礼とお返しの意味を込めて品物を贈るものです。お祝い返しともいいます。頂いた金額の1/3~半額程度を目安に選びます。しかし半返し程度で考えることがほとんどです。品物は、記念に残るようなものや、実用品を中心に選びますが、引出物と同じ品物でも良いです。挙式後なるべく早く(遅くとも1ヶ月以内)お返しをするようにします。 結婚後の二人がする最初の公的なご挨拶といえるでしょう。本来は結婚の挨拶を兼ねて直接お渡ししに行くものですが、郵送しても構いません。その際は品物と一緒にお礼の言葉を添えると良いです。印刷する場合は、せめて署名だけでも直筆で書き添えると良いでしょう。のしは表書きを「寿」または「内祝」とし、名入れは新郎新婦の名前又は両家の姓(嫁方の名書は旧姓)を用いることが一般的です。水引は紅白または金銀の10本の「結び切り」を使用します。

出典|ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について | 情報

内祝(い)の関連キーワード(御)入佛(式)[御礼・御祝・内祝](御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝]建碑慶讃法要[御礼・御祝]開眼法要[御礼・御祝]入仏慶讃法要[御礼]足入れ婚ドラジェ収穫祭森花菜金婚式

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android