記念(読み)キネン

デジタル大辞泉の解説

き‐ねん【記念】

[名](スル)
思い出となるように残しておくこと。また、そのもの。「卒業を記念して写真を撮る」「記念品」
過去の出来事・人物などを思い起こし、心を新たにすること。「創立五〇周年を記念する式典」
[補説]「紀念」とも書いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きねん【記念】

( 名 ) スル
〔古くは「紀念」とも書いた〕
あとの思い出として残しておくこと。また、その物。 「卒業を-して植樹する」 「 -品」
過去の出来事への思いを新たにし、何かをすること。 「 -の行事」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記念の関連情報