コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内製 CVT金属ベルト

1件 の用語解説(内製 CVT金属ベルトの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

内製 CVT金属ベルト

1987年に登場したCVTは、その特徴である、滑らかな加速と燃費向上に向けた改良が行なわれ、1990年代後半から、採用車種の拡大(FF2リッタークラス)、トロイダルCVT(FR大排気量)の実用化、大排気量エンジン(FF3.5リッタークラス)への対応、キーとなる金属ベルトの内製化などが進んだ。--Hondaは、CVTの基幹技術であるCVT用金属ベルトを自社開発し、自動車メーカとして世界ではじめて量産を行った。保管場所本田技研工業
製作(製造)年2001
製作者(社)ホンダエンジニアリング
資料の種類-
現状-
型式名-
会社名本田技研工業
適用車種02MFit
製作開始年2001
実用化年2001
変速・作動方式ベルト式CVT
伝達方式(ベルト式CVT)
変速数CVT
変速比(前進)2.367-0.407
操作方式-
構造・方式・手段・方法等CVT金属ベルト
特徴金属ベルトはCVTの核技術であり、Van Doorne’s Transmissie b.v.以外量産に至っていなかった.Hondaは長年に渡り行ってきた伝導機構解析による知見をもとに,新たに行った緩み側の機構解析、介在物の新しい評価法 および数値解析 を活用し,自動車メーカとして世界で初めて金属ベルトの自社開発に成功した.開発した金属ベルトの特徴はCVTのコンパクト化とレシオレンジの拡大をはかるため,プーリへの最小巻き付き径の小径化と高強度化を両立したことにある.プーリへの最小巻き付き径の小径化は,エレメントV面長さの短縮により可能とした.高強度化のためには,エレメントV面長さの短縮によるリングの応力低減 と リング介在物の強度影響を超音波疲労試験と溶液溶解法と極値統計解析を組み合わせた評価法を開発し,高清浄度材を開発したことで達成した。
参考文献Honda R&D Technical Review Vol.14 No.1

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内製 CVT金属ベルトの関連キーワードエイグレットシャム静劇B29CVT父尉躰道CVT寒天培地食品群生相

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone