コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部標準法 ないぶひょうじゅんほう internal standard method

1件 の用語解説(内部標準法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部標準法
ないぶひょうじゅんほう
internal standard method

定量分析における精度向上のための手段の1つで,分析化学用語である。目的成分Aに対して,あらかじめ試料中に存在するか,あるいは一定既知量添加される第三物質Bを内部標準という。定量にあたっては目的成分Aの発する分析信号 (シグナル,濃度に比例する量) を直接使わず,内部標準Bの発する信号との比をとり,これを成分Aの濃度に対応する信号として扱う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内部標準法の関連キーワード質量分析重量分析赤外分光分析定量分析化学天秤定量限界標準試料X線分光分析光電式発光定量分光分析装置定量分析 (quantitative analysis)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone