手続(き)(読み)テツヅキ

デジタル大辞泉の解説

て‐つづき【手続(き)】

物事を行うのに必要な手順。てはず。「正式の手続きを踏む」
あることをするのに必要な、一定の順序・形式に従った処置。「入学の手続きをする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐つづき【手続】

〘名〙
① 物事を行なう順序や方法。てはず。手順。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)二上「そこから二人で手続(テツヅキ)をおぼえて下だっし」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「奸党を宴席に襲ふべきの手続きを尋ね問へば」
② 物事の行なわれた経過。
※滑稽本・和合人(1823‐44)二「今までの手つづきをくはしく話し」
③ 手がかり。
※歌舞伎・吉様参由縁音信(小堀政談)(1869)三幕「もしおつな所から手続(テツヅ)きがあるものぢゃ」
④ その人に関係のある人。ゆかり。
※人情本・英対暖語(1838)二「お宿下りをこせついたり、またその手つづきへ手を出したり」
⑤ (━する) 一定の目的を達するために経過すべき処置。また、それに従って実行すること。
※婦女の鑑(1889)〈木村曙〉一三「旅費其他旅行券は残らず手続き致し置候へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手続(き)の関連情報