コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定量分析 ていりょうぶんせき quantitative analysis

翻訳|quantitative analysis

6件 の用語解説(定量分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定量分析
ていりょうぶんせき
quantitative analysis

試料を構成する成分物質の量を明らかにする目的で行う分析法の総称。化学反応を利用し定量する方法として,古くから重量分析法および容量分析法がある。反応生成物が気体の場合はガス分析という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていりょう‐ぶんせき〔テイリヤウ‐〕【定量分析】

試料物質に含まれる成分の元素イオン原子団などの量を測定する分析。重量分析容量分析比色分析のほか、機器分析が広く用いられる。→定性分析

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定量分析【ていりょうぶんせき】

試料中の成分物質の量を測定する分析法。一般に定性分析によって成分を明らかにしてからその成分についての定量分析行われる重量分析容量分析がその主要なものであり,他にガス分析質量分析質量分析計),クロマトグラフィー比色分析電解分析など各種。
→関連項目化学分析

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

定量分析

 ある物質の量を求める分析.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ていりょうぶんせき【定量分析】

物理的あるいは化学的手段によって、試料中の目的成分の質量・質量比・物理量などを求める化学分析。 → 定性ていせい分析

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定量分析
ていりょうぶんせき
quantitative analysis

化学分析のうち、試料中に含まれる各種の成分の量を求めるための分析法の総称。一般に定性分析でその成分を明らかにしてから行う。化学的、物理的、あるいは両者の併用による方法がおもなものである。化学的定量法の容量分析法や重量分析法は物質の化学量論に基礎を置いたもので、特殊な機器を使用しないのでよく用いられる。一方、物理的定量法には光学的、電気的、磁気的、その他数多くの方法があり、それぞれが分析成分と特異な相互作用をすることを利用したものである。一般に高価な機器を使用する場合が多いが、簡便、迅速な方法であり、今日では機器による定量分析が大部分を占めている。吸光光度法X線分析法、発光分光分析法、原子吸光分析法、電解分析法、クロマトグラフ法、放射化分析法などそれぞれの名称でよばれている方法が数多くある。[高田健夫]
『田中元治・中川元吉編『定量分析の化学――基礎と応用』(1987・朝倉書店) ▽日本分析化学会編『入門分析化学シリーズ 定量分析』(1994・朝倉書店) ▽宇野文二・河合聡他著『定量分析化学』第5版(2001・丸善) ▽舟橋重信編『定量分析――基礎と応用』(2004・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の定量分析の言及

【化学分析】より

…化学分析とは,〈何が〉〈どれだけ〉〈どのような状態で〉含まれているかを明らかにすることである。もともと,〈何が含まれているか〉を明らかにするのは定性分析qualitative analysisであり,〈どれだけ含まれているか〉を明らかにするのは定量分析quantitative analysisである。〈どのような状態で含まれているか〉を明らかにするのは状態分析state analysisとよばれている。…

※「定量分析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

定量分析の関連キーワード心理的コスト物理的物理分析岩石物理学物理的医学派物理的爆発物理的被影響妄想物理的風化作用物理的変光星物理的粒状性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定量分析の関連情報