コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円の自由化・国際化 えんのじゆうかこくさいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円の自由化・国際化
えんのじゆうかこくさいか

円建て取引の増加を背景に,特に海外での円の使用の規制を緩和,自由化すること。日本経済の成長とともに円に対する信任が高まり,決済通貨としての円の役割が増大している。こうした状況を全体的に円の自由化・国際化という。通貨当局も円の国際化に対応するため,国内金融市場の自由化を推進している。具体的な自由化措置としては,外債発行基準の緩和,コール市場無担保取引の開始,東京オフショア市場開設,ユーロ円取引に対する規制緩和,円の転換規制の廃止などがある。日本企業の海外進出,海外直接投資の増大などを背景に,今後も円の国際化は一層進展することが予想されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android