冬シャク(読み)ふゆシャク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冬シャク
ふゆシャク

鱗翅目シャクガ科ホシシャク亜科の数属に属する昆虫で,成虫が晩秋から早春にかけての厳寒期にのみ出現するものの総称。雌は翅が退化し,飛ぶことができず,樹幹などに静止していることが多い。雄は昼間弱々しく飛ぶのがみられる。なおナミシャク亜科,エダシャク亜科にも同様に冬季出現し,雌の翅の退化したものが5~6種ずつあり,それぞれ冬ナミシャク,冬エダシャクと呼ばれる。 (→エダシャク , シャクガ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android