早春(読み)そうしゅん

精選版 日本国語大辞典「早春」の解説

そう‐しゅん サウ‥【早春】

〘名〙
① 春の初め。初春浅春。《季・春》
※懐風藻(751)初春侍宴〈大伴旅人〉「雪乱残、煙霞接早春」 〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉三「鯔は、早春より水田小溝中に生育す」 〔花蘂夫人‐宮詞
② 「しょうがつ(正月)①」の異名。
※撮壌集(1454)「十二月異名 正月〈略〉早春(サウしゅん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「早春」の解説

そうしゅん【早春】

三重の日本酒。酒名は、「早春賦」に由来し、早春の梅の香にも似た清浄まろやかな清酒の意味を込めて命名純米吟醸酒特別純米酒純米酒などがある。仕込み水は釈迦ヶ岳伏流水蔵元の「早川酒造」は大正4年(1915)創業。所在地は三重郡菰野町大字小島。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラス「早春」の解説

早春

1956年公開の日本映画。監督・脚本小津安二郎、脚本:野田高梧、撮影:厚田雄春。出演:池部良、淡島千景、浦辺粂子、田浦正巳、宮口精二、杉村春子、岸恵子ほか。

早春

ポピー製紙が販売するちり紙の商品名。古紙を使用。セミハードタイプ、1800枚入り。

早春

藤沢周平の現代小説短編集。1998年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通「早春」の解説

【早春】そう(さう)しゆん

春浅く。唐・花夫人徐氏〔宮詞、百六十六首、二十七〕 早春の楊柳、長條を引く 岸に倚(よ)り堤にうて、一面高し

字通「早」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android