コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝灰角レキ岩(凝灰角礫岩) ぎょうかいかくれきがんtuff breccia

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうかいかくれきがん【凝灰角レキ岩(凝灰角礫岩) tuff breccia】

中粒の火山岩破片が主体で,間に火山灰がつまっている岩石。フィッシャーR.V.Fisherの火山砕屑(さいせつ)岩の定義(1966)では直径64mm以上の破片が全体の1/3~2/3を占め,残りはより細粒な火山噴出物片からできている場合をさす。直径64mm以上の岩片が1/3以下で直径2~64mmと2mm以下の破片がそれぞれ2/3以下の火山砕屑岩火山レキ凝灰岩という。この分類定義には凝灰角レキ岩の成因は含まれていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android