コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出光丸 いでみつまる

2件 の用語解説(出光丸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出光丸
いでみつまる

出光タンカー所属の超大型タンカー。 10万 7000総t (20万 9000重量t) 。 1966年 12月石川島播磨重工業の横浜第2工場で完成,世界で初めて 20万重量tのタンカーとして竣工,超大型船時代の幕開けを告げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出光丸
いでみつまる

出光タンカー社所属の超大形タンカー。1966年(昭和41)に石川島播磨(はりま)重工業(現IHI)横浜造船所で建造され、20万重量トンを超えた世界最初のタンカーとして名をなした。20万9413重量トン、10万7957総トン。その就航ルートのマラッカ海峡を通過しうる17.68メートルの最大喫水をもつ。全長は344メートル。自動化船として乗組定員がわずか32名しかいないことでも画期的であったが、1980年に廃船となった。[茂在寅男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出光丸の関連キーワードアンカーケミカルタンカー共栄タンカーウインカー消えたタンカータウンカータンクバンカーオイルタンカー出光タンカー[株]JX日鉱日石タンカー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出光丸の関連情報