コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出目満猶 でめ みつなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出目満猶 でめ-みつなお

?-1750 江戸時代中期の能面師。
出目満矩(みつのり)の子。大野出目家6代。寛延3年死去。通称は半蔵。号は甫閑。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

出目満猶の関連キーワード聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ザンド朝華岡青洲ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))ヒッタイトヒッタイト美術ルソー(Jean-Jacques Rousseau)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone