コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均役法 きんえきほうKyunyǒk-pǒp

3件 の用語解説(均役法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均役法
きんえきほう
Kyunyǒk-pǒp

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代の税法。英祖 28 (1752) 年に,軍事費を維持し,国民の租負担の軽減と平均化をはかるために定めた。朝鮮王朝では中宗 (在位 1506~44) 代以降,一般良民に兵役の代価として,16~20歳までの男子から1年に布2匹 (軍布) を徴収していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんえきほう【均役法】

朝鮮,李朝で1750年に行われた軍制・財政改革大同法と並ぶ大改革の一つ。李朝では両班(ヤンバン),奴婢以外の一般民衆(常民,良人)の成年男子は軍役を課された。はじめは正軍1名と保(奉足)3~5名で1役戸を編成し,出役する正軍に保が納布して正軍の家計を支える体制をとった(戸保上番制)。しかし李朝後期になると,重要な中央軍の一部には戸保上番制が残されたが,全般に綿布だけを役所に納める軍役(納布軍)が増大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんえきほう【均役法】

朝鮮王朝において、1750年に実施された軍制・財政改革。軍役の代わりに納付する綿布の量を半減し、減収分を土地税・海税・隠田摘発などにより補うもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone