コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均役法 きんえきほう Kyunyǒk-pǒp

3件 の用語解説(均役法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均役法
きんえきほう
Kyunyǒk-pǒp

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代の税法。英祖 28 (1752) 年に,軍事費を維持し,国民の租負担の軽減と平均化をはかるために定めた。朝鮮王朝では中宗 (在位 1506~44) 代以降,一般良民に兵役の代価として,16~20歳までの男子から1年に布2匹 (軍布) を徴収していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんえきほう【均役法】

朝鮮,李朝で1750年に行われた軍制・財政改革大同法と並ぶ大改革の一つ。李朝では両班(ヤンバン),奴婢以外の一般民衆(常民,良人)の成年男子は軍役を課された。はじめは正軍1名と保(奉足)3~5名で1役戸を編成し,出役する正軍に保が納布して正軍の家計を支える体制をとった(戸保上番制)。しかし李朝後期になると,重要な中央軍の一部には戸保上番制が残されたが,全般に綿布だけを役所に納める軍役(納布軍)が増大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんえきほう【均役法】

朝鮮王朝において、1750年に実施された軍制・財政改革。軍役の代わりに納付する綿布の量を半減し、減収分を土地税・海税・隠田摘発などにより補うもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

均役法の関連キーワード大同法朝鮮通宝李朝三大師神宮祈年祭臨時の祭還穀三政朝鮮土地調査事業甲子園大会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone