コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刃を迎えて解く ジンヲムカエテトク

デジタル大辞泉の解説

刃(じん)を迎えて解く

《「晋書」杜預伝から》竹を割るときに、初めにちょっとを当てると下まで容易に割れるように、向かうところ敵のない、勢いの激しいようすをいう。破竹の勢いである。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんをむかえてとく【刃を迎えて解く】

〔晋書 杜預伝
竹を割るとき、はじめ少し割れるとあとは刃物の進む前に自然に割れていくように、味方の勢力が強くて力を加えないでも敵がやすやすと敗れていくさまのたとえ。破竹の勢い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刃を迎えて解くの関連キーワードたとえ味方勢力刃物

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android