晋書(読み)しんじょ(英語表記)Jin-shu; Chin-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晋書
しんじょ
Jin-shu; Chin-shu

中国,唐の太宗の詔によって房玄齢らが撰した晋代の正史。 130巻。貞観 18 (644) 年成立。帝紀 10巻,志 20巻,列伝 70巻のほかに載記 30巻がある。載記という部門が正史に現れるのはこれが初めてであるが,五胡十六国のことについて記したもので,晋時代の理解を助けるのに役立っている。この書は主として臧栄緒の『晋書』により,その他の晋史をも参考として,多くの史官によって書かれた。必ずしもよいできばえとはいえないが,現存する唯一の晋代史として貴重である。この書の注釈として『晋書かく注』 (130巻) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょ【晋書 Jìn shū】

中国,王朝一代の歴史をあつかう正史。本紀10巻,志20巻,列伝70巻のほか,五胡十六国の歴史である載記30巻を含む。唐の太宗の648年,それまでに存在した18種の晋代史を参考にしつつ完成された勅撰の書。宣帝紀,武帝紀,陸機伝,王羲之伝の史論は太宗がみずから執筆した。従来の正史が個人の著述であったのと異なって勅撰であり,またはじめて多人数による分纂の方法が用いられたために批判が集まる。【吉川 忠夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじょ【晋書】

中国、二十四史の一。晋代の歴史を記した紀伝体の書。一三〇巻。太宗の勅命で、唐の房玄齢ぼうげんれいらの編。644年頃成立。本紀一〇巻、志二〇巻、列伝七〇巻、載記(五胡十六国時代史)三〇巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android