コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晋書 しんじょJin-shu; Chin-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晋書
しんじょ
Jin-shu; Chin-shu

中国,唐の太宗の詔によって房玄齢らが撰した晋代の正史。 130巻。貞観 18 (644) 年成立。帝紀 10巻,志 20巻,列伝 70巻のほかに載記 30巻がある。載記という部門が正史に現れるのはこれが初めてであるが,五胡十六国のことについて記したもので,晋時代の理解を助けるのに役立っている。この書は主として臧栄緒の『晋書』により,その他の晋史をも参考として,多くの史官によって書かれた。必ずしもよいできばえとはいえないが,現存する唯一の晋代史として貴重である。この書の注釈として『晋書かく注』 (130巻) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんじょ【晋書】

中国の二十四史の一。太宗の命により房玄齢・李延寿らが撰。646年成立。の歴史を記したもので、帝紀10、志20、列伝70、載記30の全130巻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょ【晋書 Jìn shū】

中国,王朝一代の歴史をあつかう正史。本紀10巻,志20巻,列伝70巻のほか,五胡十六国の歴史である載記30巻を含む。唐の太宗の648年,それまでに存在した18種の晋代史を参考にしつつ完成された勅撰の書。宣帝紀,武帝紀,陸機伝,王羲之伝の史論は太宗がみずから執筆した。従来の正史が個人の著述であったのと異なって勅撰であり,またはじめて多人数による分纂の方法が用いられたために批判が集まる。【吉川 忠夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじょ【晋書】

中国、二十四史の一。晋代の歴史を記した紀伝体の書。一三〇巻。太宗の勅命で、唐の房玄齢ぼうげんれいらの編。644年頃成立。本紀一〇巻、志二〇巻、列伝七〇巻、載記(五胡十六国時代史)三〇巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

晋書の関連キーワード虱をひねって当世の務を談ず名教の内自ずから楽地有り虱を捫って当世の務を談ず珠玉の瓦礫に在るが如し迅雷耳を掩うに暇あらず一斑を見て全豹を卜す五斗米の為に腰を折る始め有るも終わりなし棺を蓋いて事定まる死中に活を求める五斗米に腰を折る形骸を土木にす塵を望んで拝す月の桂を折る一見旧の如し高閣に束ねる声涙俱に下る声涙倶に下る高閣に束ぬ桂林の一枝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android