破竹(読み)はちく

精選版 日本国語大辞典「破竹」の解説

は‐ちく【破竹】

〘名〙
を割ること。多く「破竹の如し」の形で、竹を割ったときのように勢いのあるさまをいう。
※翰林葫蘆集(1518頃)一四・松泉院殿従三品無等祥雲大居士七周忌陞座前香「単騎馳入播馬首向、如破竹」 〔晉書‐杜預伝〕
② (竹を割ると一挙に裂けるところから) 瞬時一瞬
※歌謡・閑吟集(1518)「千秋万歳のゑいぐゎも、破竹のうちのたのしみぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「破竹」の解説

【破竹】はちく

竹を裂く。勢いが強く、急なことをいう。〔晋書、杜預伝〕今兵威已に振ふ。譬へば竹を破るが如し。數の後、皆へて解く。

字通「破」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android