コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子イメージング

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

分子イメージング

放射線技術などを使って、人間の体内にある遺伝子やたんぱく質などの分子の動きを画像でとらえること。この技術の応用例としては、PET(陽電子放射線断層撮影)装置によるがんの診断法がある。がん細胞ブドウ糖を多く取り込む性質があり、放射性物質を混ぜたブドウ糖を注射してPET装置で患部を撮影し、がんの有無を調べる。

(2006-01-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

分子イメージングの関連キーワード量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所蛍光プローブ御椀水母

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分子イメージングの関連情報