分子イメージング

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

分子イメージング

放射線技術などを使って、人間の体内にある遺伝子やたんぱく質などの分子の動きを画像でとらえること。この技術の応用例としては、PET(陽電子放射線断層撮影)装置によるがんの診断法がある。がん細胞ブドウ糖を多く取り込む性質があり、放射性物質を混ぜたブドウ糖を注射してPET装置で患部を撮影し、がんの有無を調べる。

(2006-01-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分子イメージングの関連情報