可視化(読み)カシカ

デジタル大辞泉 「可視化」の意味・読み・例文・類語

かし‐か〔‐クワ〕【可視化】

[名](スル)
人の目には見えない事物現象を、映像グラフ・表などにして分かりやすくすること。見える化。ビジュアライゼーションビジュアリゼーション。「エネルギー損失可視化する」
警察官検察官被疑者を取り調べる状況を録音・録画し、当事者以外の関係者にも取り調べの内容を分かるようにすること。平成28年(2016)5月の刑事訴訟法改正法成立に伴い、裁判員裁判の対象となる事件検察独自捜査事件を対象に、令和元年(2019)年までに導入される。見える化。
[補説]「可視化」「見える化」とも1990年代から使用が目立つ。ビジネス用語としては「見える化」、一般には「可視化」が多く使われる。→見える化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android