分枝酵素(読み)ぶんしこうそ(英語表記)branching enzyme

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしこうそ【分枝酵素 branching enzyme】

炭水化物の形成に関与する酵素。グリコーゲンやアミロペクチン合成の際に,分枝構造形成反応を触媒する。糖鎖の伸長末端を含む数残基を,α‐1,4結合で切断し,残りの糖鎖の途中にα‐1,6結合させる(図参照)。グリコーゲンの場合では,分枝により溶解度が高まり,伸長しうる末端数が増加する。反応は不可逆的。生物界に広く存在し,反応の性質が異なるので,Q酵素Q‐enzyme(植物),分枝因子branching factor(動物),アミロ(1,4→1,6)トランスグリコシダーゼなどと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android