コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分枝酵素 ぶんしこうそ branching enzyme

1件 の用語解説(分枝酵素の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしこうそ【分枝酵素 branching enzyme】

炭水化物の形成に関与する酵素。グリコーゲンアミロペクチン合成の際に,分枝構造形成反応を触媒する。糖鎖の伸長末端を含む数残基を,α‐1,4結合で切断し,残りの糖鎖の途中にα‐1,6結合させる(図参照)。グリコーゲンの場合では,分枝により溶解度が高まり,伸長しうる末端数が増加する。反応は不可逆的。生物界に広く存在し,反応の性質が異なるので,Q酵素Q‐enzyme(植物),分枝因子branching factor(動物),アミロ(1,4→1,6)トランスグリコシダーゼなどと呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分枝酵素の関連キーワードグリコーゲングリコーゲンローディングカーボローディング肝グリコーゲン合成酵素欠損グリコーゲン合成酵素グリコーゲンシンターゼキナーゼグリコシルトランスフェラーゼ炭水化物分解試験不消化炭水化物ホスホリラーゼキナーゼ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone